技術は?価格は適正?

医療脱毛を受ける病院選びをするときに、最初に確かめたいのは脱毛技術の高さです。医療脱毛が注目を集めるにしたがって、脱毛技術も日々進歩しています。最新のマシンがあるかどうかをチェックし、評判のいい病院を選びましょう。一般に、医療脱毛で使用される主な脱毛器は「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種類です。アレキサンドライトレーザーは濃い毛に対して高い脱毛効果が期待できます。デメリットは、産毛には反応しにくいこと。また、色素沈着した肌にはヤケドのリスクが伴うため使用できません。

ダイオードレーザーは産毛にも反応しやすいのが特徴です。肌へのダメージが少なく、スピーディで、痛みもほとんど感じません。ただ、アレキサンドライトレーザーと比べると出力が弱いので、脱毛効果はやや劣ります。ヤグレーザーはスピーディに施術ができ、色素沈着した肌にも使用できるという特徴があります。デメリットは、痛みを感じやすいこと。脱毛する部位や肌質、毛質に応じてマシンを使い分けられるよう、これらのマシンを置いている病院を見つけるとよいでしょう。

また注意したい点として、価格が高めだからといって技術も高いのだろう、とか、逆に価格が安めだから技術もイマイチなのだろう、などということはできません。近年では、脱毛する人が増加しているため、脱毛サロンと同じくらいの料金設定で高い技術を提供し、利用者の増加を目指すクリニックも出てきています。価格で良し悪しを判断することはできないので、口コミをチェックし、症例が多く、お客さんの満足度が高い病院を選ぶとよいでしょう。